これでどうだ! サンスト跡地のテナントたち【根拠付き】

サンストリート跡地の開発計画が徐々に明らかになり、

目下、亀戸住人の興味はショッピングモールに入るテナント。

 

I Love 亀戸では、

商業棟をアリオ、つまり「アリオ亀戸」と予想しました。

では、アリオが的中したとして、テナントはなにが入るのでしょう?


ヒントは近隣のアリオにあり!


「アリオ亀戸」が現実のものとなった場合、

どんなテナントが入るのか。

そんな興味から、周辺のアリオに入っているテナントを見てみると、

テナント構成に共通点があることがわかりました。

つまり、「アリオ北砂」、「アリオ亀有」、「アリオ川口」、「アリオ西新井」に

共通して入っているテナントがあるのです。

そうしたテナントはおそらく、

アリオから声掛けされる可能性が高く、

「アリオ亀戸」に入る可能性も高いと言えそうなのです。


アリオの定番テナントとは?


では、ご覧いただきましょう。

アリオ4店舗の主要テナントリストがこちら!

はい、結構労力かかりましたよ。

でも、結果は実に興味深いものです。

比較表には、4つのアリオへの参入状況に加え、

サンストリート亀戸に入っていたか、

今の亀戸に存在するか、も併せてみました。

こうして一覧表で見てみると、自ずと「アトレ亀戸」に入るテナントが浮き彫りになってきます。


さて、どこが入るの?


まずもって言えるのが、アリオならばスーパーマーケットは

イトーヨーカドーで確定!

ということ。これはいわずもがな、セブンアンドアイグループの必然ですね。

 

さて、比較表を見ていくと、4つすべてに入っているテナントがあることに気付きます。

銀だこ、リンガーハット、餃子の王将、サーティーワン、カルディ、アカチャンホンポ。

これらのテナントは、新たにできるアリオに入る可能性は高いでしょう。

それも、リンガーハット以外は亀戸にない。

餃子の王将に関しては、一度は亀戸に進出したものの撤退しています。

集客力のあるモールでの再挑戦は大いに考えられます。

また、店は違えど、4つのアリオに共通して入っているのが、

チェーン系讃岐うどん店、ベーカリー、キッズ撮影スタジオ、アミューズメント施設です。

ベーカリーを除くと、このゾーンも亀戸は手薄なので、参入する可能性が高いと言えるます。

4つのアリオへの出店状況から紐解けば、

うどん店は丸亀製麺、撮影スタジオはスタジオアリスが有力株です。


“周辺にないから可能性大”なテナントたち


4つのアリオ比較では印が多くはないものの、

亀戸が熱望する業態があります。

その代表格はシネコンでしょう!

亀有、川口にはMOVIXが、西新井にはTOHOシネマズが入っていることを鑑みると、

アリオ亀戸にシネコンが入っても何ら不思議ではありません。

 

また、サンストリートにはあったが、いま亀戸にはない業態、手薄な業態も可能性が高いと思われます。

例えば、100円ショップ。アトレ亀戸や十三間通りにDAISOがありますが、あまりにも小所帯。

となれば、サンストにあったように、新たなモールに

大型の「THE DAISO」が入る!

ってことも現実味があります。

サンストロスでいえば、家電量販店も亀戸から消えた業態のひとつ。

アリオ北砂、アリオ西新井の例を見れば、

NojimaやJOSHINなどの家電量販店も高確率です。

そうそう、大型書店も期待できる業態です。

また、亀戸北口にしかないメガファストフードも、

東口に生まれるモールには欲しいところ。リストから推察されるのは、

マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンでしょう。

 

そして、亀戸から消えてしまった業態もぜひ復活してほしいところです。

たとえばそれは、

サブウェイ、ポポラマーマ、鎌倉パスタ。


妄想するほどに盛り上がるサンスト跡地のモール像


さぁ、どうでしょう。

周辺のアリオ4施設と、サンストリートの実績、亀戸の今を照らし合わせたテナント予想。

ペットのコジマもサンストリートにあったテナントで、アリオにも出店が多い、

ホームセンター不毛地帯だからカインズあたりができて欲しい……。

妄想は募るばかりです。

 

いずれにしても、

ショッピングモールは、地域のニーズをとらえてテナントを構成するでしょうから、

亀戸の利便性が高まることは間違いありません。

引き続き計画の進行を見守っていきたいものですね。

 

<関連記事>

サンスト跡地は「アリオ亀戸」と予言してみる!

サンスト跡地妄想に終止符!? 計画の”今”、その全貌

【関係者資料付】サンストリート跡地の真相(2015.12現在)

サンストリート閉鎖が囁かれる10の理由



関連記事

新プロジェクト進行中!

私立亀戸高等学校

「いいね!」で常に最新亀戸情報を!

I Love 亀戸オフィシャルSHOP開店!

亀戸通になる本

亀戸通になる本
ページ上部へ戻る