亀戸豊国|亀戸辞典

亀戸豊国(三代豊国・国貞)

江戸の時代に一世を風靡した浮世絵師。

活躍した期間、作品数とも他の浮世絵師を圧倒する。

時期により画号が異なるが、

歌川豊国、三代豊国、歌川国貞などが有名である。

生まれは「五ツ渡」、つまり現在の五の橋のたもとであったため、

「亀戸豊国」とも呼ばれた。

墓は亀戸3丁目の光明寺に在る。


「亀戸辞典」は亀戸を愛する人々の手で作り上げる

“亀戸をもっと知るための辞典プロジェクト”です。

掲載したいキーワードがありましたら、

・キーワード

・解説文

・関連写真 または イラスト(掲載の許諾があるもの)

をお気軽に以下のメールアドレスへお送りください。

info@ilovekameido.tokyo

※掲載に際しては「I Love 亀戸」編集部の審査があり、掲載を見送る場合があります。
※また、掲載する文章は「I Love 亀戸」編集部の加筆、修正が入ることがあります。
※店舗名、施設名、商品名でのキーワード登録による広告・宣伝を承ります。

広告費用などについては、お問い合わせください。




関連記事

お得な亀戸情報を!

友だち追加

「いいね!」で常に最新亀戸情報を!

I Love 亀戸オフィシャルSHOP開店!

亀戸通になる本

亀戸通になる本
ページ上部へ戻る